自宅で人工授精ができるというシリンジ法について、詳しく教えてください

Pocket

自宅で人工授精ができるシリンジ法キットがネット上で販売されています。

シリンジ法とは、スポイト法とも呼ばれることがある人工授精法に似た方法で、精液をシリンジ(注射器の筒・スポイト)を使い吸い上げ、膣内に流し込むというアナログなものです。

男性は容器に精液を採ります。

新鮮なうちにシリンジで吸い上げ、チューブ(カテーテル)を用い膣内に流し込みます。

これらがセットでシリンジキットになっているものが売られていますが、シリンジ法とはこのように単純な方法なので、容器を紙コップで代用し、適当なシリンジを購入という風に

自宅で人工授精とは言いますが、病院で行う精液の洗浄、選別はできませんし、子宮内に注入できるわけではありません。

そもそも人工授精は自然妊娠に近い方法ですが、シリンジ法により自宅で人工授精のようにして膣内に注入するやり方は、より自然妊娠に近い方法と言えます。

よって、この自宅で行うシリンジ法を用いたからと言って、通常通りに性交を行うよりも妊娠の確率が上がるというものではありません。

性交時にうまく勃起できない勃起障害や、通常の性交では射精に至らない射精障害を感じている男性や、なんらかの理由(性交痛など)で膣内にペニスを挿入することができない女性などが使うと効果的でしょう。

シリンジ法を用いるときは、通常のタイミング法と同じように排卵日を把握し、実行する必要があります。

併せて排卵検査薬や基礎体温計を用い、排卵のリズムを把握してからシリンジ法を行うともっとも効果的です。