パーコール法という産み分け法はどんな方法ですか?成功率や問題点は?

Pocket

パーコール法とは、女の子を希望する方に有効とされる産み分け方法です。

採取した精子をパーコール液につけた後、遠心分離機にかけますと、重い精子と軽い精子に分けることができます。

女の子を作るX染色体に対し、男の子を作るY染色体は軽いと言われておりますから、X染色体を持つ精子が下層に沈み、それを抽出して受精させることで女の子が生まれる確率が上がるという仕組みです。

それなら男の子が欲しい人は上澄みの精子を使えば良いとお考えの方もいると思いますが、重さによって振り分けるため、未熟な精子や欠損した精子も上層に向かうことを考えられます。

よってパーコール法は女の子を望む方に向いており、男の子を希望する方には不向きという方法になります。

パーコール法の成功率は?

パーコール法での成功率(女の子が希望通りに授かれる確率)は60%~70%程度だと言われています。

自然妊娠の場合に女の子が生まれる確率を50%だとすると、パーコール法を用いた方がほんの少し確率が上がるだろうか、という程度の、確実性は低い処置になります。

どうしてあまり成功率が高くないかと言うと、そもそもパーコール法により完全にX精子とY精子を選別できるわけではないからです。

そもそも、精子を遠心分離器で選別することは、産み分けを希望しない人工授精や体外受精の際にも行うことです。

精子を選別する目的は、未熟な精子や死んでしまっている精子、細菌や白血球を取り除き、成熟した精子を効率良く取り出すこと。

パーコール液を用いるパーコール法が女の子の産み分けの確率を多少高めると言われていますが、成熟した精子の中からさらに女の子を作るX精子だけを確実に選別することはできません。

パーコール法は人工授精なの?体外受精なの?

パーコール法はあくまで精子を選別する過程で用いられる方法の一つです。

選別した精子を人工授精によって子宮内に戻すか、体外受精や顕微授精を行うかは、ケースによるでしょう。

パーコール法の法律的な、倫理的な問題は?

日本産科婦人科学会会告「XY精子選別におけるパーコール使用の安全性に対する見解」の削除について

というページでは、パーコール法に対する日本産婦人科学会の見解がまとめられています。

要点をまとめると以下のようになります

・平成18年時点の告解以降、日本産婦人科学会は、精子の選別にパーコール法を用いることに関して、否定も推奨もしていない

・平成6年の時点では精子の選別のためにパーコール法を用いることを安全性の観点から認めないという立場だった

・現実を顧みるに、現在多くのヒトの精子の洗浄濃縮にパーコール法が使われているにも関わらず、重篤な副作用が報告される例も見当たらないので、日本産婦人科学会ではこれを認めないという立場は撤回する

・ただし、精子の選別にパーコール法を用いるのはあくまでパーコール法の目的外の使用法であり、実行することは医師の裁量に委ねられ、患者に十分な情報開示を必要とする

・精子の選別にパーコール法を用いることを医師の裁量に委ねるという意味の告解であり、日本産婦人科学会で精子の選別にパーコール法を用いることを容認しているわけではない

日本産婦人科学会の見解により、法的な制限が変わるわけではありません。

産み分け、そして産み分け法に関して、日本産婦人科学会は倫理的な観点で慎重な立場であるという点は考慮する必要があるかもしれませんが、パーコール法を医師が行うこと、パーコール法を希望することに法的な問題はありません。