妊活をしたければ、いつから禁煙を始めなければならないでしょうか。夫も禁煙しなければなりませんよね。

Pocket

活を想定しているなら、できるだけ早く禁煙をはじめましょう。

そもそも喫煙は身体に良い習慣ではありませんから、すぐにでも禁煙できるのならすぐに始めるのがベストなのではないでしょうか。

必要に迫られたからと言って禁煙を始めるのは実際にはなかなか難しいことです。

中には追い込まれなければ禁煙のようなことはできないという方もいると思いますが、失敗する可能性も考え、できるだけ早く、しかし急激にではなく、まずは本数を減らすこと、これ以降は買わないようにするなど、ゆるやかに禁煙を始めることをおすすめします。

喫煙は妊活そのものに影響する

夫婦のどちらかが喫煙者なのなら、まず禁煙を始めるのが妊活の始まりと言って良いでしょう。

妊娠したらタバコは止めなければと考えているという方は多いと思いますが、そもそもタバコは明らかに妊孕力を低下させる要因になると目されているので、タバコを止めることそのものが既に妊活と言っても過言ではないのです。

また、生殖医療の成功率も喫煙の習慣によって明らかに低下することが知られています。

妊娠に向けて、赤ちゃんに害を及ぼさないように禁煙する、ではなく、妊活の一環として禁煙を始めるというのが、正しい認識と言えます。

妊活中は夫も禁煙すべきか

喫煙により、精子濃度、精子の運動率、精子の数、精子の形態と言った、あらゆる精子の質に関わるものの低下を引き起こすことが知られています。

また、喫煙はEDの原因にもなることが知られていますので、妊活中の男性や妊活の予定がある男性はぜひ禁煙を始めましょう。

例え精子の質に不妊を引き起こすほどの影響が出なかったとしても、受動喫煙の影響を奥さんが受けてしまう可能性がありますから、妊活中の夫婦では、当然男性女性どちらもが禁煙をする必要があります。

 

禁煙できないとどんなリスクがあるのか

では、もし禁煙を実行できていない状態で妊娠してしまったとしたら、どんなリスクがあるでしょうか。

タバコの害は、直接的に胎児の命に関わると言われています。

厚生労働省による「喫煙の健康影響」中の「喫煙により引き起こされる」と判定された健康影響(根拠強い)という項目では

生殖関係への影響に胎児死亡、死産、生殖能(女性で低下)、低出生体重、妊娠の合併症

が挙げられています。

喫煙は胎児と母親を結ぶライフラインであるへその緒の血流をも圧迫します。

胎児はへその緒を通してしか酸素や栄養を補給できませんから、文字通りライフラインとなります。

これを喫煙によって圧迫するということは、胎児の首を絞めていることと同じになってしまいます。

無事に出産ができたとしても、同じく「喫煙の健康影響」では、妊娠中の喫煙は以下のようなリスクがあると示しています。

‐妊娠中の喫煙により幼児期の下気道の疾患の回数が多くなる ‐妊娠中の喫煙により小児期と成人での呼吸器機能が障害されるリスクが高くなる

妊娠中において喫煙は必ず避けなければならないことですから、もし妊活を行うのであれば、いつ妊娠しても良いように、禁煙は最優先事項として取り組むことをおすすめします。

 

出産を終えたらまたタバコを吸っても良い?

出産を終えればタバコを吸い始めても良いだろうと考える方もいると思いますが、受動喫煙による幼児の健康被害を考えると望ましくありません。

完全に分離した環境でタバコを吸っても、授乳中の母親が喫煙した場合、母乳から幼児へニコチンが移動してしまうので、やはり有害となります。

喫煙の健康被害は妊娠や出産に関わらずよく知られているところです。

妊活を機に禁煙を開始したのなら、そのまま喫煙習慣を断つことをおすすめします。

もし、自力ではどうしようもないというのであれば、禁煙外来などで相談することです。

依存性の強いタバコを禁止するのは、意思の力だけではどうしようもないことがあります。

本気で妊活をして、元気な赤ちゃんを産みたいなら、喫煙習慣から遠ざかる方法をすぐにでも始めましょう。