抗精子抗体の検査と精液アレルギーの検査は違うものですか?

Pocket

抗精子抗体の有無

精液アレルギーのように、免疫の異常により自然妊娠が難しくなる原因として、抗精子抗体の有無があります。

抗精子抗体を女性が持っていた場合、程度にもよりますが、精子の侵入が阻まれ受精に至りません。

男性が抗精子抗体を持っていた場合、射精後に精子の運動が妨げられ、受精に至りません。

抗精子抗体による受精の障害は精液アレルギーとは違い、精液が付着したからと言ってアレルギー反応が皮膚に生じないので発見するのが困難です。

男女どちらに抗精子抗体を持っているかは、女性は精子不動化試験を受け、男性はイムノービズテストを受けて判断することになります。

抗精子抗体を持っている場合も自然妊娠は難しいので、子どもを望む場合、人工授精や顕微授精といった処置を行うことになります。

抗精子抗体の有無なんていつ気付くの?

抗精子抗体による不妊は精子アレルギーとは違い無症状なので精子が子宮頸管を無事に通過しているかを測定するフーナーテストというものから発覚することが多いようです。

フーナーテストにより不良が続くという状態から、抗精子抗体があるかもしれないという風に考え、精子不動化試験の検討という風になります。

よって妊活中の方では、思ったように子どもができないという場合、早めに医師に相談することがおすすめです。

通常の夫婦生活を送って1年ほど経ったら不妊を疑うというのが一般的ですが、年齢や性交に及べる回数などを考慮して、早めに調べておけるものは調べておいた方が良いかもしれません。

抗精子抗体の有無のように、ご自分で気づけることばかりではないので、妊活を考えたらお医者さんに相談するというのは、時間を大切にするためにも、とても重要なことなのですね。