不妊と年齢の関係について教えてください

Pocket

妊娠できる能力を妊孕力(にんようりょく)と言いますが、一般的にこの妊孕力は年齢が上がるに従って低下していきます。

よく「30歳までには産んでおきたい」というようなセリフを女性の口から聞くことがありますが、感覚的にもそれ以降からは妊娠しにくくなる、出産においても不利になると考える方が多いのではないでしょうか。

実際、妊娠の確率や不妊治療の成功確率は30歳を境に低下し始めると考えておいて良いようです。

もちろん体力自体の低下や、子育ての負担、お仕事の都合などを総合的に考えた上で30歳を基準に考えるものだと思いますが、単純に生殖機能のことだけを考えても、30歳という年齢は確かに一つの境目と見て良さそうです。

ただ、妊孕力が下がるとは言っても、誰もが一律で30歳を境に確率が下がっていくというわけではありません。反対に、まだ20代だから必ず妊娠できるというわけでもありません

誰もがみんな30歳以降は妊娠しにくくなるとは限らない

年齢と共に妊娠の確率が減っていくのは共通ですし、ある程度避けられないことですが、だんだんと妊孕力が下がり始める人が30歳くらいを境に増えていく傾向があるということであって、誰もがみんな30歳以降は妊娠しにくくなるという訳ではありません

よって、30歳を越えたから妊娠の確率が低い、下がってしまっていると決めつけてしまうのはあまり良いことではないと思います。

例えば卵子の質の低下など、年齢を経るに従って避けられない老化現象というものは確かにあります。体力的な面を考えても若いうちに妊娠した方が良いというところはありますが、お肌の様子や運動能力を見ても分かる通り、老化の仕方や速度は人により違います

女性と出産について考えた場合、老化を意識するのはどうしても早くなってしまうと思いますが、年齢はあくまで目安です。年齢は気にせずとは言えませんが、あまり囚われることなく、いつでも出産に臨めるよう、健康的な生活を意識することが大切です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です