子宮内膜症について詳しく教えてください

Pocket

子宮内膜症とは、子宮の中以外で子宮内膜、もしくは子宮内膜のような組織が発生・増殖し、痛みや不妊を引き起こす疾患で、生殖年齢の女性のおよそ10%、つまり10人に一人が患っている疾患だと言われています。

子宮内膜とは、卵胞の成熟から排卵に至るまでの間に分泌量が上昇するエストロゲンの働きによって子宮内で増殖する組織です。しばし、子宮内はベッドに例えられますが、簡単に言えば、受精卵を迎え入れるために子宮内で整えられたお布団が子宮内膜で、着床が成立しなかった場合、剥がれ落ち排出されるものということになります

その剥がれ落ち排出される現象がいわゆる月経ですが、このように毎月作られ、剥がれ落ちるという子宮内で起こるはずのサイクルが、子宮外で起こってしまうのが子宮内膜症というわけです。

子宮内膜症を患うリスクを高める原因は?

なぜ子宮内膜症が発生してしまうのかについては、諸説あるもののまだ明確に解明できていない部分も多く、根本的な予防法などは明らかになっていません。

ただし、子宮内膜症を患うリスクを高める原因として、子宮内膜を増殖させる働きを持つエストロゲンの分泌量が多い時期(性的に成熟した20代∼30代の出産適齢期に当たります)が関係することや、月経の回数の多さ、妊娠や出産の数の少なさが挙げられています。

妊娠期間中は子宮内膜の増殖を抑制するホルモンも働くため、子宮内膜症のリスク軽減という観点から見れば若い時期に妊娠することは有効。つまり、子宮内膜症を予防するためにはトータルして月経は少ない方が、子宮内膜症にかかるリスクは低いということになります

現代では特に出産年齢の上昇、出産回数の減少に加え、初潮が早い女性も増加傾向にあるようですから、子宮内膜症を患う危険性は高まっていると言えます。

子宮内膜症の痛みの原因

それでは、子宮内膜症が痛みを引き起こすのはなぜでしょうか。それは、排出されるはずの子宮内膜が、子宮外にできた子宮内膜は剥がれても行き場がなく、その場で溜まってしまうことが主な原因になります。

これが痛みとなってしまったり、チョコレート嚢胞と呼ばれる塊になって周辺を圧迫してしまったりすることがあるのです。

お腹や腰、骨盤の鈍痛、排便痛、性交痛など、子宮内膜が増殖・癒着する箇所によって、どこにどんな風に痛みを感じるかは異なるので、症状が軽かったり痛みを感じる場所によっては子宮内膜症に思いが至らないかもしれません

生理痛が次第に重くなるというは特徴的な症状ですから、いくつかの痛みをトータルで考えて、子宮内膜症の可能性を考えられるようにしておくと良いでしょう。ただし、子宮内膜症は痛みが主症状の一つではありますが、自覚症状を持っていないケースもあるので、不妊検査を行ってようやく子宮内膜症だと分かることもあるようです。

命に関わる病気ではありませんが、稀にチョコレート嚢胞が悪性腫瘍となってしまったり、不妊の要因ともなってしまったりと、決して放置しても良いというものでもない点にも注意が必要

ぜひ、このような病気もあるのだ、若い時期からかかる可能性のある病気だ、そして鈍痛を引き起こす病気なのだということを覚えておいていただき、生理痛が不調を感じるなどしたら積極的に検査を受けるようにしておきましょう。

子宮内膜症の対処法

子宮内膜症の対処法としては、大きく外科手術と経口避妊薬などホルモン剤の使用に分けられます。また、妊娠することで症状が落ち着くこともあるので、対処法とするのは少し違和感があるかもしれませんが、妊娠するという選択肢もあります。

外科手術の場合、癒着部分を切除したり焼いたりする方法もあれば、単純に子宮や卵巣を摘出するという方法もあります。

根治を目指すのであれば生殖器の全摘出を行うのがもっとも確実ですが、当然生殖能力を引き換えにする処置ですので、子どもを作る意思があるという方や将来的に妊娠する可能性がある若い方であれば、生殖能力を保存した上での手術という選択になります

症状の重さや今後妊娠を希望するかどうかという個人の意思によって処置法が選ばれるのは当然ですが、一般的には子どもを産む可能性のある方であれば外科手術よりも悪化を防ぐホルモン療法や、痛みに対する対症療法を行うのが普通だと思います。

基本的には長く付き合っていく症状になりますから、早めに対処することが重要になる病気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です