妊活中、マスターベーションはした方が良いですか?

Pocket

結論から言えば、妊活中のマスターベーションはしてもしなくても良いでしょう。

マスターベーションをすることで、例えば性感が高まり、ご主人とのセックスが気持ちよくなるというメリットを感じるのであれば少々意識的にでも行うメリットはあると思います。

一方、自分で行うのは苦手でどうしても抵抗があるとか、いまいち気持ちよくなれないというのであれば、無理に行うことでもありません。マスターベーションをしないせいでデメリットが生じるということもありませんので、気にすることはありません

もしかしたら、マスターベーションをした方が良いのかな…という疑問を抱いた方は性欲の衰えやもともとの性欲の少なさに不安を感じているのかもしれません。それが妊娠しにくさに影響しているのかもしれないと感じたりしたのかもしれません。

しかし、性欲の強さには個人差があるものですし、誰しも性欲が高まる時期と落ち着く時期があるものです。

できることなら赤ちゃんが欲しいと思った時期に性欲が高まって欲しいという気持ちになると思いますが、気持ちに身体が追い付かないからと言って、無理をしてまでやりなれないマスターベーションを行う必要はありません

美味しいものを食べる、ゆっくりお風呂に浸かる、映画を見る、マッサージに行く、運動や趣味に時間を使うといった、身体と気持ちをリラックスさせる、他に気持ち良いことを探してみると良いかもしれません。

とにかく身体が喜ぶことをする、気持ちが落ち着くことをすることを心掛けることで、心身のコンディションを保つ手助けになるでしょう。

マスターベーションの「手軽」というメリット

マスターベーションのメリットは、好きな人にとっては比較的手軽で気持ち良いというところだと思います。

加えて性感が高まり、セックスがそれまでよりも楽しく気持ちよく感じられるようになるという妊活にとって好ましいメリットがあるかもしれませんが、マスターベーションによって必ずそうなるとも限りません。

反対に一人で行う刺激に慣れて、セックスが物足りなくなってしまうということも十分にあるでしょう。性欲の低下、やる気の出なさがセックスレスに繋がるというような状況でない限り、無理に性感を高めようとしたり、性的なことを好きにならなければならないということはありません。

そういう意識がかえってプレッシャーになったり、セックスに対する苦手意識を高めたりする結果に繋がってしまえば本末転倒です。

もちろん、セックスに対するモチベーションは高い方がセックスの機会を設けやすく、妊娠の確率は高まると思います。また、一方がセックスに対して積極的であればもう一方の性欲も高まるということもあるのではないでしょうか。

セックスもコミュニケーションだという見方ができますから、相乗的な作用というものがあると思います。

そのことを踏まえれば、多少セックスに対するハードルを下げておく、面倒さや億劫さを解消する方法を探すということは意味のあることかもしれません

道具を使ってみるだとか、セクシーなビデオを見てみるという簡単な方法で高まるものもあるかもしれませんから、もしご自分のセックスに対するモチベーションに不安を抱いているのであれば、できることから試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です