甘いものが好きで毎日のように食べているのですが、問題はありますか?

Pocket

妊活中に限らず、甘いものを毎日のように食べることは身体に良い習慣とは言えません。

量や食べるものにもよりますが、一般的に、精製された白糖は身体に吸収されやすく血糖値の上昇が急激に起こると言われています。

精製された砂糖がたくさん入ったお菓子による血糖値の急上昇とインスリンの働きによる急下降により、私たちの身体では食後の急激な眠気を催したり、なんだか落ち着かないといった症状となって表れたりすることもあります。

甘いものを毎日のように食べなければ気が済まないと言う方の中には、食後、デザートを食べるまでは何となく落ち着かず、満足感が乏しく、デザートを食べれば急激に眠くなり…という生活を送っている方もいるのではないでしょうか

精製された白糖は依存性が強い

精製された白糖は依存性も強いと言われており、繰り返し食べてしまうことで慢性的なカロリーの摂り過ぎが懸念されるだけでなく、食べた後に横になって寝るという習慣がつけば肥満へと繋がるリスクは高まります。

血糖値の乱上下はそれだけインスリンを分泌する膵臓にも負担をかけているということになりますから、糖尿病になるリスクが高くなりますが、そもそも肥満が糖尿病を引き起こす因子の一つです。

さらに妊活中に意識しておかなければならないこととして妊娠糖尿病があります。

普段は糖尿ではなくても、妊娠時には血糖値をコントロールするインスリンの働き低下することがあり、一時的に糖尿病の状態になることで、胎児を危険に晒すことにもなりえます

甘いものを食べすぎる習慣は肥満を引き起こし、肥満は妊娠時糖尿病のリスクを上げるだけでなく、万が一糖尿病の状態になったときに糖質を制限する苦痛が大きければ、症状の改善を図るのもつらいでしょうし、危険な習慣であると言って良いでしょう。

砂糖は身体を冷やすからダメ?

妊活中の身体に関わることで言えば、上白糖は身体を冷やす食材だと言われていることにも注意が必要です。

それがどれくらい体温の低下を招くのか、もしくはそれがどの程度妊活に影響するものなのか、はっきりと分かるものではありませんが、身体の冷えが大敵だと言われる妊活中には、砂糖は避けるべき食材の一つとしてよく挙げられます。

このように、砂糖の摂り過ぎによるデメリットは大きいですが、たとえ妊活中であっても、一切口にしてはいけないということではありません。あくまで摂りすぎが危険なのであり、甘いものは性質上摂りすぎになりやすいので、少し意識的に避ける習慣を早めに身に付けておく方が無難なのではないでしょうか

一番おすすめの方法は、そもそも甘いものを買わないようにすることです。

まずは買わないこと、買っても決めた量しか食べないこと、そして食べないこと、という風に、自制するステップを増やすことで、甘いものを食べすぎてしまう習慣から遠ざかることができるかもしれません。ついつい甘いものに手が伸びてしまう、という方は、試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です