妊活について調べすぎてしまいます…

Pocket

妊活について調べ過ぎて、良いことはないと思います。これを読んでいる方はそのことをよく分かっているのだけど、不安に駆られていろいろと調べてしまうことが癖になっているのかもしれません。

不安や焦りの感情が芽生えて、もう余計な情報を見なければ良いのだと自分に言い聞かせながらも、ついつい気になることを検索してしまう。人間の心理は不思議なもので、見なければ良いと分かっていることをつい確認してしまったりしますよね

不安になると分かっていながら不安になる情報を確認してはやっぱり不安だと思う。イライラすることが分かっていながらイライラする情報を確認してはやっぱりイライラする。

そんな風に、自分が抱いている感情が胸の内に湧くのは正しいことなのだということを確認するために、ついつい調べてしまう。思い切って情報を断つことが大事だと思いますが、なかなかできずにいるから今このようなものを読んでいるのだと思います。

知っていた方が良い情報もたくさんある

例えば、妊娠の少なくとも一か月前からは、葉酸をサプリメントなどで一定量摂取する習慣をつけると良い、という程度の情報は知っていても害がないことだと思います。

しかし、じゃあ葉酸サプリを取らなかったらどうなるだろう、二分脊椎症ってなんだろう、ダウン症の確率はどうなんだろう。高齢出産のリスクは?葉酸を飲めば安心なの?ネット上には、不安を煽る情報がたくさんあります。

不安を煽るために載せられている情報というわけではなく、あくまで知りたい事柄に対する情報が乗っているはずです

しかし、妊活中のような先行きが分からなくなりがちな状況では、つい自分から不安を煽るような情報を探してしまう、というようなことがあるのではないでしょうか。

また、ネット上では説得力を生み出すため、また信頼を得るために数字によるデータを多用するという傾向もあります。そのデータがどれほど信憑性のあるものなのかは不明だとは思いながらも、私たちは分かりやすい数字に惑わされて、影響を受けてしまいがちです。

情報に触れないようにしたり、相談することも大切

解決方法は、強い意志を持って情報に触れないようにする、という他ないと思います。それができないのであれば、不安を話せる相手、共有できる誰かに相談するという方法もあります。

少々無責任なアドバイスのようですが、ネット上の無機質な情報ではなく、生きた人間と話すことで不安が和らぐというのは誰しも経験があることではないでしょうか。そんな相手はいないというのでしたら、専門の医師のカウンセリングを受けるのも一つの手です

カウンセリングなんて心の病気みたいだと抵抗があるかもしれませんが、異常を治すのではなく、異常にならないために早く相談するというのは立派な判断です。今後不安に襲われそうになったら、カウンセリングを受ける方法があるということも検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です