男性が自分で葉酸サプリを選ぶと、葉酸サプリ以外にいきつくってホント

Pocket

妊活中の男性の中で、奥さんに与えられたサプリメントをただ言われるままに飲んでいる方はいませんか?

妊活となれば主導権を握り勝ちなのは女性の方だと思いますが、「妊娠は一人ではできない」、「男性が不妊の原因になることもある」、そんな風に言われることが多くなってきた昨今、どこか他人事だった妊活に男性が積極的に参加することも多くなったようです。

しかし中には根強く、やはり妊活と言えば女性の問題で、妊娠できるかどうかは女性の頑張りにかかっていると心の底で考えている男性の方も多いはず。

一見積極的に見えても、僕はあくまでサポートだ、協力できることがあればするし、病院に行こうと言われればいつでも行く準備はできている、奥さんのために頑張りたいからサプリメントは飲んでいる、とは言いつつ、受け身なことは変わっていないというケース。

奥さんはあなたがもっと自発的に、妊活をリードしてくれることを期待しているのではないでしょうか。

「葉酸サプリは男性も飲むと良いらしいよ」

奥さんがそう言えば、言われた通りにサプリメントを飲むかもしれない。だけどそれは自発的に動かないあなたに、少しでも義務感を持ってもらうために与えられた課題なのかもしれません。

これは複雑な問題ですが、妊活には協力しているという自負がある男性と、もっと自発的に妊活に励んでほしいと考える女性との間にすれ違いが起ることはよくあるようです。

このすれ違いを解消し、本当に協力しあって二人で妊活をする方法を考えてみましょう。

 

ステップ1.自分の問題として妊活を扱いましょう

受け身だと思われる大きな原因が、男性が妊活を自分の問題として扱っていないと感じさせてしまうことにあります。

言われたことはやるし、奥さんのやることや考えに口出しもしないのですが、それが例え気遣いによる行為だったとしても、言われたからやっているだけというのは不思議と伝わるものです。

男性の皆さんも、普段のお仕事で言われたことだけをやっている部下や同僚を見たことがあると思いますが、奥さんが不満な顔をしているときはそれをあなたに感じている可能性があるのです。

自分の問題だと思っていたら当然やるだろうことは何だろうと考えてみてはいかがでしょうか。

心のどこかではやはり奥さんが主だと感じているかもしれませんが、夫婦二人の問題と言われるのですから、あくまで自分のこととして、色々なサプリメントを比べたりコストパフォーマンスを計算したりして、自分なりの意見を持てるほどになれれば理想的ですね。

 

ステップ2.葉酸を断るくらいに調べましょう

よくよく調べれば、葉酸を男性が飲む意味はそれほど大きくないことが分かると思います。

中には、夫婦で一緒に飲めるようにセット販売しているメーカーもありますし、葉酸は男性も摂取すべき栄養だという情報もたくさんありますが、葉酸だってビタミンの一種なのですから、そもそも男性も摂取すべき栄養であることは当たり前と言えば当たり前です。

葉酸には染色体異常のある精子を減らすという情報もあるようですが、女性の卵子ならともかく数億もある精子に完全性を求める意味はあるでしょうか。

それならば、ストレスや喫煙といった、明らかに身体に悪影響を及ぼすと知られているものを控える努力をした方が、ずっと精子の質を高めることになるでしょう。

奥さんに葉酸を勧められたら、色々と自分で調べたいからと返事は保留にしてみてください。そして実際に色々と調べて、精子の健康を保つには一体何が必要なのか、精子の健康を損なう原因は何なのか。そして男性にとって妊活とはどういうものなのかを考えましょう。

もちろん、葉酸が足りていないとご自分で判断したなら別ですが、普段の食事で十分に足りていると判断したら葉酸は断り、代わりに必要だと思うサプリメントや、生活習慣の改善策などを話してみてはいかがでしょうか。

 

ステップ3.代案を用意しよう

仮に葉酸サプリ以外のサプリメントを使おうと考えたのであれば、おすすめは、「はぐマカ」です。

特に男性専用という訳ではありませんが、お値段も手ごろで、男性機能を高めるのに役立ちそうなマカやアルギニン、亜鉛といった成分を主に作られているサプリメントです。

はぐマカのメーカーは「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」でおなじみのAFCです。セットでの販売もありますので、奥さんは葉酸、旦那さんは「はぐマカ」という風に、お互いの領分に見合った使い方が簡単にできて良いと思います。

ビタミンCやビタミンEなど、強い抗酸化作用を持つ栄養素も含まれているので、慢性的にストレスや疲労が溜まっているという方には特に有用でしょう。

また、サプリメント以外にも、例えば「禁煙する」などのような、ご自分の生活の改善案も考えて相談してみてはいかがでしょうか。晩御飯にはできるだけこの食材を使ってくれないか、などのお願いをするのも良いと思います。

負担をかけると思って遠慮してしまうこともあるかもしれませんが、男性が妊活に積極的であれば、嬉しくなる方も多いと思います。

ぜひご自分で考えて、男性にできる妊活を始めてみてください。そして一人では難しそうなことは奥さんにサポートしてもらい、あなたも奥さんをサポートする準備をしておくと良いのではないでしょうか。