AMH(アンチミューラリアホルモン)の値は妊娠しやすさに関係ありますか?

Pocket

結論から言えば、AMH(アンチミューラリアホルモン)の値と妊娠しやすさはあまり関係がありません。

AMH(アンチミューラリアホルモン)とは、発育中の卵胞から放出されるホルモンです。

AMHの値を計ることで、卵巣内に残っている卵胞の数を予測できるので、卵巣の予備能、つまり「自分の卵巣があとどれくらい排卵を続けられるか」を推し量ることが可能になります。

よって、「卵巣年齢を計る検査」のように言われることもありますが、卵巣年齢を測ることと卵子の質を測ることは違うので、AMHの検査が良好だったからと言って、妊娠しやすい身体なのかを知ることはできません。

AMHの検査で何が分かるの?

AMHの検査で分かるのは、妊娠を急いだ方が良いかどうか、もしくはどれくらいの補助が必要なのか、です。

AMHの検査で導き出すのは卵巣内に残っている正確な卵胞の数ではなく、ホルモン量と年齢を比べたときの基準値より上か下かです。

つまり、若くしてAMHの値が40代女性の基準値と同じならば、卵巣の予備能が低いと見なされますが、40代なみの基準値なら、正常値ということになります。

一般的には当然20代よりも40代の卵巣予備能の方が低いので、この歳の差のある2人が同じタイミングで妊娠を目指すとすれば、40代の方が急がなければならないし、場合によっては内科的な処置や高度な生殖医療を受けた方が良いという判断になります。

AMH検査はそのような判断をする際に使えます。

AMHの値を改善することはできないの?

AMHの値を改善することは難しいです。

それにAMHの値を改善しようとする意味も残念ながらあまりありません。

AMHで推し量ることができるのは卵巣の予備能だとお伝えしましたが、これは卵巣内にどれだけ卵胞のストックが備わっているかの予測、ということになります。

AMHの値を改善するということは、そもそも増えることがなく減っていく一方の卵胞細胞の数を増やすということですから、現状、できないことなのです。

もちろん、卵巣機能の低下を引き起こす可能性がある喫煙やストレスなど、生活習慣を見直すことは非常に重要です。

健康的な生活習慣は卵子の質を高めることにも繋がりますし、妊活に対して余裕を作ることができるでしょう。

しかし、AMHで分かる卵巣の予備能を高められたからといって、卵子の質を上げることには繋がりません。

もともと数が決まっている卵胞のストック数を増やすことはできませんし、できたとしても、AMHの値と卵子の質とは関係ありません。

卵胞の数を増やせないってどういうこと?

女性の身体の中には、原子卵胞という細胞が生まれたときから備わっています。

原子細胞、つまり将来卵子になる細胞の数は生まれたときから決まっていて、増えることはありません。毎日新しいものが作られる男性の精子とは全然違いますね。

卵巣内では、常に複数の卵胞が同時に発育しています。

毎月その中から最も成長した優秀な卵胞が選抜されて、排卵に至ります。排卵に至らなかった未熟な卵子は、排卵に至る卵子の栄養として取りこまれます。

つまり、たくさんの原子卵胞の中から毎月多くが捨てられ、選ばれた少数が受精のチャンスを得るということになります。

AMHで推し量ることができる卵巣の予備能というのは、そもそも今後排卵する可能性がある卵子の元はどれくらい残ってるの?ということ。

しかも、それはこの年代の基準と比べて多い?少ない?ということで、正確な個数を表すわけではありません。

もちろん残っている予備能が大きい方が、今後排卵する可能性がある卵胞も多いということですが、結局排卵に至るのは毎月一個。

少し卵胞の残量が増えても(つまりAMHの値が高くても)、

極端にAMHの値が乏しい場合は、妊活を始める時期を早めることや、高度生殖医療を受けることを検討する材料になるかもしれません。

もし、基準値よりも少し低いという結果になっても、基準値まであげなければと考えるのではなく

それなら少し妊活を急いだ方が良いかも

と考えたり

卵子の質を高めるにはどうしたら良いだろう?

と考えることが優先されるべきなのです。