妊娠前に葉酸が必要な理由を教えてください

Pocket

葉酸はDNAの合成に役立つ栄養素であり、特に妊娠初期の胎児の成長には欠かすことのできないビタミンの一つだとされています。

妊娠初期の胎児の成長に必要な栄養分なので、妊娠した時点で不足していては子どもに十分な量を与えられません。妊娠初期の段階で葉酸が不足していると、二分脊椎症のような、神経管閉鎖障害という先天性の奇形障害を引き起こすリスクが高まります

神経管閉鎖障害は十分な葉酸を摂取することでリスクを下げることができることが世界的に知られているので、女性は妊娠を希望、もしくは計画した時点で葉酸の摂取を考えることが望ましいのです。

厚生労働省では、通常の食事に加え、少なくとも妊娠の一か月前から一日400㎍の葉酸を、サプリメントなどから摂取することを推奨しています。

本来サプリメントは医薬品のように効果効能を謳うことはできませんが、葉酸に関しては神経管閉鎖障害の発症リスク軽減という有用性が知られていることや、一日400㎍の葉酸を食事から摂取することが難しいことなどから、サプリメントの利用が合理的だとされているのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です