葉酸サプリはどのように選べば良いですか?なんでも良いのですか?

Pocket

妊娠前、もしくは妊娠中に利用する葉酸サプリの選び方の基本を確認しましょう。まず、一日に摂取できる葉酸の量が400㎍を満たしていることが第一条件となります。

厚生労働省の呼びかけによると、妊娠を希望、予定している女性は二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるため、一日400㎍の葉酸が摂取することを勧めています。

このとき、400㎍というのは食事性葉酸を指すのではなく、吸収率が高い、化学合成された葉酸であるという点にも注意が必要です。

厚生労働省の勧告に従って葉酸サプリを使用しよとうと考える場合、天然葉酸と表記されたものではなく、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)を利用するようにしましょう。では次に、もし葉酸サプリを飲んで間もなく妊娠したらという観点から考えてみましょう。

葉酸サプリを選ぶのであれば妊娠後のことも考えておく

妊娠中は、栄養素の需要量が増加します。葉酸はもちろんですが、代表的なもので言えば鉄分の摂取は特に積極的に行った方が良いでしょう。鉄分を摂取するのであれば鉄の吸収率を高めるビタミンCが含まれているサプリメントの方が良いということになります。

また、葉酸はビタミンB群の一つですが、実際に妊娠するとすれば、つわりの軽減に有効だとされるビタミンB6も含まれていた方が良さそうです。

このように、妊娠を希望した上で葉酸サプリを選ぶのであれば、妊娠後のことも考えておくと良いでしょう。続けて使えるものを選んだ方が楽ですし、続けて使うことを考えれば予算のことも考えておいた方が良いですよね。

こう考えていけば、どこまでこだわるか、どこまでこだわれるかという問題になりますから、誰にとってもベストの葉酸というものをアドバイスするのは難しいことです。

よって、葉酸の選び方として確実にアドバイスできることがあるとすれば、少なくとも葉酸は400㎍を確実に摂取できるものを選ぶこと、葉酸単独ではなくできるだけ他の栄養もバランス良く摂れるものを選ぶことの二つが最も重要です

葉酸サプリメントを選ぶ際の注意点について

注意点がいくつかあります。まず、サプリメントでの葉酸の摂取は「日ごろの食生活に加えて」400㎍という条件があること。サプリメントを飲むからと言って、普段の食事を疎かにして良いということではありません。

また、合成葉酸は過剰摂取を避けるため、1000㎍を上限とするという点にも注意が必要です。これらを踏まえ、また普段の食事も踏まえ、ご自分にとってちょうど良いサプリメントを選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です