太っていると妊娠しにくいですか?

Pocket

肥満が原因で起こる可能性のある疾患に、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と呼ばれるものがあります。

内分泌疾患の一つで、無月経や無排卵の症状があり不妊の原因となります。必ずしも肥満だけが発症原因だというわけではなく、複雑なメカニズムによって卵胞の成長や排卵を妨げることに繋がると見られているのですが、あくまでその原因の一つに、肥満があるのではと言われています

肥満による脂肪細胞の増加に伴いインシュリン抵抗性(インスリンの効果を受けにくくなる)が表れ、インスリン抵抗性があることで、血中のインスリン濃度が慢性体的に高い状態(高インスリン血症)になる可能性があります。

高インスリン血症が続くと身体に様々な悪影響が表れますが、アンドロゲンという男性ホルモンの増加が女性のホルモンバランスの乱れを引き起こし、卵胞の成長や排卵を妨げることに繋がると考えられます。

これは多嚢胞性卵巣症候群の方に、インスリン抵抗性と高インスリン血症を伴う方が多いということから推測されることですが、このように肥満が生殖機能の低下に繋がる筋道は考えられるため、妊活を意識するのであれば肥満への対策や健康管理は人一倍気を付ける必要がありそうです

肥満体形は妊娠した後も大変!

肥満体形であればすなわち子どもができないということではありませんが、肥満が気になるのであれば妊活のために減量をするのは、妊活を意識するのであれば優先的に行うことの一つと言えるでしょう。また、肥満体形の方は妊娠したあとの体重管理に苦労するかもしれません。

妊娠時には、普段の体格により増加目安が設けられていますが、肥満体験の中でもBMIが25,0を超える場合は特に妊娠高血圧症や妊娠糖尿病の発症に気を付けなければなりませんから、体調管理をしながら、慎重に体重管理を行う必要があります

そういう意味でも、太り気味かな?と感じる方は、できるだけ早い段階で体重をコントロールできるようにしておくのが理想的です。

早い段階で体重のコントールをしておくのが理想的だとは言っても、口で言うほど簡単なことではありませんよね。しかし体調の管理も、体重の管理も、妊娠する前の方がずっと負担は軽いはずですから、まずはできることから、ダイエット計画を立ててみてはいかがでしょうか。

ダイエットは誰かと相談しながらが理想

  • 肥満は妊娠を妨げることがある。
  • 早めに体重をコントロールするためにダイエット計画を立てる。

やはり口で言うのは簡単です。気持ちや意思だけではどうにもならないこともあると思います。計画を立てたは良いけど全然続かない、というならまだしも、無理なダイエットをしてしまったり、特定の栄養を損ねた減量をしてしまったりする可能性もあり危険です。

急激な減量が原因で体調を崩し、妊娠しにくい身体になってしまえば元も子もありません。

やはり理想ではという話ですが、減量を目指すのであれば専門の方に相談しながら、適切なペースで行うようにしましょう。痩せるというよりは健康体を作るという意識を持って、過度なストレスに苛まれないようにすることも大事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です