痩せていると妊娠しにくいですか?

Pocket

肥満体形でも妊娠の妨げになることはありますが、痩せすぎによっても妊娠しにくくなると言われています。

しかし、単に痩せと言っても色々あります。もともと華奢な体格で脂肪が付きにくい人、小柄な人、そして体型維持にストイックな人、どのあたりから妊娠しにくい程の痩せ体型なのかという疑問がありますよね。体型や体質は人それぞれ違いますが、体格を指標化した数値にBMIがあります。

体重(㎏)÷⁅身長(m)×身長(m)⁆の式でBMIは導き出せますが、BMI値が18.5以下の方が痩せ体型と分類されます。ちなみに22が「ふつう」の体型とされています。

ではBMI値が痩せに該当する方はみんな妊娠しにくいのでしょうか。もちろんそんなことはなく、痩せ体型だからと言って必ずしも妊娠に不利だということはありません。では妊娠しやすさに影響する痩せというのはどういうものでしょうか

重要なのはその痩せ方が病的かどうかということです。痩せた、もしくは痩せていることによって、生理周期が乱れていたり、止まってしまったりする場合、それは病的な痩せ方ということになり、不妊に繋がるかもしれません。

急激な痩せによりホルモンバランスが乱れれば、生殖機能の低下は比較的簡単に起こります。もともと体質的に痩せている方でも健康体であれば、赤ちゃんができない原因をも痩せている体格のせいにするのは無理があります

ただし、仮に今の痩せ体型のまま妊娠してしまえば体力に自信がないという方は、できるだけ「ふつう」体型に近づける努力をしても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です