健康的な食事に気を使っている(実際に健康である)のに妊娠しないのはなぜですか?

Pocket

妊娠を望む方にとって健康的な食事を取り、身体を健康に保つことはとても重要です。

妊娠を望むのであれば健康的な食事を心がける。それは、正常な生殖能力を保つためという意味でもありますが、長く苦しくなりがちな妊娠期間を耐えるためでもありますし、子どもに健康な身体を与え、無事に出産するためでもあります。

色々な意味で、妊娠出産には健康であることが必要とされるのですが、健康であれば必ず妊娠するということではありません。健康であることと妊娠することの間にはそれほど直接的な結びつきはないのです。

  • 妊娠しない人は即ち不健康ということなのか?
  • 妊娠した人は必ず健康なのか?

そう言われれば、そんなことはありませんよね。健康であることは妊娠の十分条件にはなります。健康であることは妊娠にとって重要な要素の一つだからです。

しかし、健康でさえあれば必ず妊娠するというわけではないですし、思うように妊娠しないからと言って、どこか悪いのではないだろうか、決定的な不健康が身体のどこかにあるのではないだろうかと心配することはあまりよくありません

妊娠に気を遣っているのは素晴らしいですが、そのせいで精神的な不健康を招いていては、なんだか努力が仇になっているようで、もったいないです。

子は授かりもの

よく、子供のことを「授かりもの」と言ったりしますが、これは本当に的を射た言い方で、子供を授かるかどうかは神様の気分次第でしかないと言っても良いのではないかというほど、読めないものです。妊娠には障害となり得る要素を持っているのに授かることもあれば、健康そのものなのに授からないこともある。

そもそも、健康な男女が排卵日を狙って性交渉を行ったとしても、妊娠の確率は25%程度だと言います。思ったよりずっと低い確率ですよね。その上で、私たちの身体の都合がある。

例えば、ホルモンバランスは正常なのか、卵胞の成長は順調なのか、正常に排卵するのかパートナーの精子に対する免疫反応はないか、などなど

本当に何が障害となって妊娠に至らないのかを考えると複雑すぎて、可能性がありすぎて、漠然と健康というだけでは分からないことがたくさんある。それに、ホルモンバランスやリズムのことを言えば、いつもではなく、たまたまそのときちょっとタイミングが悪くて妊娠に至らないということもあるでしょう。

これが、男性にも同じようにあります。男性だって不健康とまではいかなくてもちょっと疲れていたりするだけで、もしくはプレッシャーなどの精神的な理由で、精子の質が上がったり下がったりすると言います。気分の良さや、リラックスできているかどうかは、男性不妊に悩む男性にとってとても重要なファクターの一つなのです

健康を維持するのは、巡り合わせをしっかり掴むため

もちろん、突き詰めて考えれば科学的に説明できるのかもしれません。妊娠に至るプロセス、妊娠が失敗するプロセスについてすべてが解明されて、将来的には、望めば誰でも100%赤ちゃんを作ることが可能になるかもしれません。しかし、今はまだそのような段階ではありません。

健康は大事だけど、健康だけで妊娠の成否が決まるわけじゃない。今は運や、偶然や、気分や、相性のような、漠然としか説明のしようのないもので、赤ちゃんができたり、できなかったりしているように見えています。そういうめぐり合わせをしっかり受け取るために健康的な体を維持するのはとても大切です。

しかし、健康であれば赤ちゃんができるはずだと信じすぎてしまうと、もしかしたら気分が塞がってしまうこともるかもしれませんし、偶然が微笑んでくれないかもしれません。

ぜひ、授かるものは授かるタイミングで自然に授かるのだと信じて、気楽に頑張ってみてください。赤ちゃんができなくて健康に問題があるかもと感じるなら、診てもらうもの重要。しかし健康体だという自信があるのでしたら、悲観することも不安に思うこともありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です