タバコを吸っていると妊娠しにくくなりますか?

Pocket

タバコは百害あって一利なしと言いますが、妊活の際もそれは当てはまることでしょう。

例えばタバコの害として挙げられるものとして代表的なのは、血行を妨げたり、ビタミンを壊してしまったりと言ったものだと思います。美容健康共に悪影響を及ぼすので、どんな場合にせよタバコは吸わないに越したことがありません。

加えて強い依存性もあるので、ただ身体に悪い嗜好品というだけではないところがクセモノです。妊活の面から見れば、特に血行を妨げることによる影響は大きいかもしれません。

妊活中であれば身体を冷やすのはいけないというのはごく常識的な知識だと思いますが、血行が滞れば自ずと身体は温まりにくくなり、冷えがちになります。血行が滞り身体が冷えると身体全体の機能も低下しますから、生殖に関わる部分にも影響が出る可能性があります

生殖に関わる機能と言えば漠然としていますが、例えば卵巣の働きが弱くなったり、それに伴ってホルモンのバランスが崩れてしまったりすることもあるでしょう。以上のことを考えると、妊活においてもタバコは百害あって一利なし。

赤ちゃんのためにも早めの禁煙を心がけましょう。

タバコを吸うと妊娠しにくくなると言っても決して言い過ぎではありません。また、仮に妊娠できたとしても、赤ちゃんができれば必ずタバコは控えなければなりません。お母さんから貰える栄養のみを頼りに生きているのですから、お母さんの血流が滞ることは死活問題です

妊活の意識があるのなら考えにくいことですが、知らずに妊娠しており、胎児がいるにも関わらず喫煙を続けていたということもあるかもしれません。もちろん、赤ちゃんには悪影響を及ぼします。急に止める自信がないのであればなおさらのこと、早めに禁煙を進めておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です