アルコールが好きなのですが妊活中は止めなければなりませんか?

Pocket

酒は百薬の長と言われることもあるように、適量であれば身体に良い影響を与えることもありますよね。

妊活中の身体にも同じことが言えるのでしょうか。胎児がいる状況でのアルコール摂取は厳禁ですし、どんな場合でも少量は身体に良いから是非飲めと言うことはできませんが、妊活中であれば適量の飲酒に対して過度に神経質になる必要はないと思います

ただ、お酒の強さに個人差はありますし、適量も人によって違うと思います。すべての方に同じアドバイスをするわけにはいきません。

しかし、いつまで続くか分からない妊活生活の中で、飲酒に対してまであんまり神経質になっていては、不自由ばかりが増えたように感じてストレスを感じてしまうかもしれませんよね。当然、過度のアルコールはデメリットの方が大きくなってしまうので控えるべきでしょう。

アルコールが体内に与えるデメリットについて

デメリットを具体的に言えば、例えばアルコールを分解する過程で活性酸素が生じることや、妊活時には必須の葉酸の吸収を阻害するなどが挙げられます。

内臓へのダメージといったような基本的なことは別にして、妊活に影響があるものと言えば活性酸素や葉酸の阻害といった悪影響はとても大きいものだと思います。しかし、お酒を飲むことでメリット方が多く感じられるという方は、過剰にストイックになることはないのではないでしょうか。

お酒が夫婦生活のはずみになることもあるでしょうし、リラックスの効果を感じる人もいるかもしれません。美味しい食べ物とお酒はストレスの発散になるんだという人もいるでしょう。気を付けなければならないのは、妊娠した状態でアルコールを摂取しないようにすることです。

あまりに飲酒が習慣になっていては、いざ妊娠したというタイミングでも知らずにアルコールを摂取してしまうかもしれません。普段からごく少量のお酒で満足するようにすること、リセットの日を基準にお酒を嗜むことなど、ルールを決めてお酒と付き合うようにしてみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です