人工授精について詳しく教えてください

Pocket

人工授精とはどんな方法なのかというと、採取し、調整した精子を直接女性の子宮内に送りこむ方法です。

精子の調整という処置はありますが、精子を子宮内に送り込むだけの方法ですので、その後の受精や着床といった妊娠の経過は自然妊娠と変わりがありません。

子宮内にたどり着ける精子の量を確保するという点において、タイミング法よりは妊娠の確率を上げることができると言われています。では、人工授精が適用されるのはどんなケースでしょうか

人工授精が適用されるケースについて

いくつか挙げられますが、もっとも単純なケースで言えば、スクリーニング検査で目立った不妊因子は見つからず、タイミング法がなかなか功を奏しない、排卵誘発法を組み合わせても効果が無いという場合、人工授精へのステップアップを検討することになります

ただしステップアップとは言っても、誰もが安易に同じ経過を辿るというわけではなく、あくまで人工授精が適用されるケースの一つに単純なステップアップがあるということ。

例えば卵管が狭窄していたり閉塞していたりして精子が通れないケース。つまり卵管因子があった場合などは子宮に精子を送り込んだだけでは不妊因子を避けきれておらず受精に至らないので、人工授精の適用にはなりません。この場合は高度生殖医療を適用するのであれば、体外受精の方が適しているという判断になるでしょう。

このように、ただタイミング法でうまくいかないから次は人工授精という風に、誰でも一律で行われるわけではないのです。

原因不明の不妊の場合は段階的な判断が必要

ただ、原因不明の不妊の場合も多いので、そういう場合は費用面なども含め、ある程度段階的に処置を適用するという判断にもなるでしょう。

よく知っていただきたいのは、単純にタイミング法よりも人工授精の方が何%妊娠の確率が上がって、人工授精よりも体外授精の方が何%妊娠の確率が上がる、というようなものではないということです。

ステップアップと言われれば単純に確率の高さによって段階的に治療を進めていくものなのだと感じるかもしれません。それに段階が進めば進むほど避けられる不妊因子が多くなるので単純に妊娠の確率が上がると考えて差し支えないもありません。

しかし人工授精のような高度生殖医療は、医師の判断やご本人たちの意志によって臨機応変に行われるものなのです

その他の人工授精が適用されるケース

さて、単純なステップアップの他に、どのようなケースで人工授精が適用されるでしょうか。人工授精で主に回避できるのは、膣内から子宮へと精子が向かう段階の障害です。

膣から子宮への通り道の障害、つまり女性の頸管因子があった場合、もしくはどちらかに免疫因子があった場合、射精しても精子が頸管をうまく通り抜けることができず受精に至りません

こういう場合も、頸管を人工的にスキップさせることができる人工授精という方法がとられることがあります。

また、こういうケースもあります。男性の不妊因子から考えると、何らかの理由で男性が女性の中で射精に至れない場合(射精障害)や、勃起障害などがある場合など、性交自体がうまく完了しないというケースで行われる処置となります。

当然、貧精子症や精子無力症といった不妊因子を男性が持っている場合でも、人工授精がとられることがあります。この場合、調整後の精子の量や運動率を鑑みて、体外授精や顕微授精という処置になる可能性もあります。

このように、そもそもタイミング法での妊娠成立が難しいということが分かっている場合は、比較的早い段階で人工授精や体外受精の選択肢を考えることになるでしょう

人工授精にかかる費用

人工授精の費用は病院によっても違いますが、一回(一周期)あたり1,5万円∼3万円程度が相場のようです。手が出ないほど高額でもありませんが、誰もが手軽に何度も行える処置ではありませんよね。

費用面で考えてもできるだけタイミング法での妊娠が望ましいと思いますが、タイミング法でなかなかうまくいかない場合、早めに人工授精のような生殖補助医療を受ける決断をすることになるかもしれません。あらかじめ諸々のことをよく考えて、適切なタイミングで覚悟ができるようにしておけると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です