体外授精について詳しく教えてください

Pocket

体外受精は、精子と卵子をそれぞれ採取し、卵子に精子を振りかけることによって受精を促します。

精子と卵子を採取し人工的に受精を促しますが、任意の卵子と精子を取り出して強制的に受精卵を作るわけではないという点において、直接卵子に精子を注入する顕微授精とは処置が異なります。受精卵ができたあと、ある程度まで培養させた受精卵を女性の身体に戻す処置(胚移植)を行うことになります

適用されるのはどんなケースかというと、まず人工授精からのステップアップにより体外授精の処置が行われることがあります。

体外授精という選択肢を考えるタイミングについて

人工授精を行っても数周期に渡って妊娠が成立しない場合に体外授精という選択肢が出てくるのです。誰がどういうタイミングでステップアップするかはそれぞれ違い年齢や状況を考慮して決められますが、5∼6周期の人工授精を経る頃に体外受精へとステップアップするというような一応の目安はあるようです

もちろん、人工授精では妊娠が望めない不妊因子を持っている場合は、人工授精を行わずにいきなり体外授精を行うこともあります。人工授精では妊娠が望めない場合というのは、例えば女性に卵管因子がある場合、男性の貧精子症や精子無力症が重症の場合などです。

体外授精は受精に至るまでの道程を人工的に行うことでスキップすることができる処置です。女性の不妊因子と男性の不妊因子の多くを回避することができるので妊娠が成立する確率は高くなりますが、それでもなお妊娠が順調に進むかどうかは分かりません。

体外授精の費用の目安

費用は人工授精と比べると跳ね上がり、やはり病院によって違いはあるでしょうが、一周期あたりで30万円∼50万円ほどが相場だとされています

市町村の助成が受けられるとは言え大変な医療費がかかってしまいますから当然尻込みすることと思いますが、同時に、ここまで不妊治療を続けると後に引けずに突き進んでしまうということもあると思います。

子どもができたあとのこと、子どもができなくとも今後も夫婦として生きていかなくてならないことなどを冷静に考えられる精神的な余裕を持つことが大事になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です