不妊治療はどのように進みますか?

Pocket

不妊治療は基本的には順番に高度な処置へとステップアップしていきます。

多くの場合、まずはタイミング法から始めることになるでしょう。あくまで自然妊娠を目指し、排卵の時期を特定した上で医師によりタイミングの指導を受け、その通りに性交を行う方法です

医師の指示通りに行いますが、排卵検査薬などを利用してご自分たちでタイミングを計ることもできますから、医師の介入が比較的少なくて済む方法だと言えるでしょう。

タイミング法から人工授精へ

タイミング法でうまくいかない場合、人工授精にステップアップするという選択が浮上します。いずれの場合も、排卵誘発法を取り交ぜることがあります。人工授精を選択した場合、精子を採取し子宮に直接注入するわけですが、注入後の経過は母体にかかっているので、自然妊娠と大きく変わりません。

性交を省くことができるので性交そのものの障害や、膣から子宮への通り道である頸管の障害によって妨げられる妊娠の原因を取り除くことができます。また、質の高い精子を選び、不純物を取り除く調整が行えるので、通常の場合よりも効率良く受精に至るサポートを行うことができます

人工授精から体外授精へ

人工授精でうまくいかない場合、もしくは人工授精によって回避できる不妊要因を持たず、他の要因で妊娠が妨げられている場合は次の選択肢として体外授精があります。

人工授精では回避することができない卵管部に不妊の原因があったり、精子の質の問題が重度だったりした場合には人工授精を経ずに体外授精を行うこともあります。

体外授精の場合、女性側からも卵子を採取する必要があり、受精卵を人工的に生み出してからは胚移植をする必要あるので処置は女性の負担が大きくなってしまいます

ステップアップするにしたがって費用が増加

ステップアップするに従ってかかる費用も段階的にアップします。人工授精は1.5万円∼3万円程度、体外受精になると30万円∼50万円程度が相場だとされています。

人工授精と体外受精の間には大きなコストの開きがあります。自治体による助成を受けられるとしても相当な経済的、身体的負担となるでしょう。

だからこそ不妊治療は機械的にステップアップしていくのではなく、医師やパートナーとよく相談しつつ、適切な方法とペースで進めることになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です