生理痛が重いのですが、妊娠しやすさ・しにくさに関係しますか?

Pocket

生理痛が重い体質だからといって妊娠しにくい体質だということはありませんが、病気が原因となって生理痛がひどくなるケースもあり、それが不妊の要因になることはありえます。

例えば子宮腺筋症、子宮内膜症などは不妊の原因になり得る病気で、次第に重くなる生理痛が症状の一つとして挙げられます。あまりにも生理時の痛みが強い、だんだん生理痛が重くなっている気がするというような自覚がもしあるのなら、早めに医師に診てもらいましょう

特定の病気のあるなしに関わらず、生理痛が重く、日常生活に支障を来すのであれば医師に相談する判断が不可欠だと思いますが、生理痛の重さと妊娠しにくさを結び付けて考えすぎてしまうことは精神衛生上あまり良くないことだと思います。

生理痛の重さはそれ自体がストレスでありながら、ストレスが自律神経の乱れを引き起こしたり冷えの原因になったりして、生理痛を重くすることがありますから、安易に不妊と結び付けて考え深刻になることのないようにしましょう。

でも、生理痛がこんなに重いのはなぜ?」「何か異常があるってことじゃないの?」そう考える方もいるでしょう。

体質で片づけるのではなく、何か原因があると分かった方が、気が楽になるという場合もあるはずですから、以下からは生理痛が重くなる原因についてお話しします。

月経困難症は大きく2種類

生理痛があるという状態は重さに個人差はあるものの、ごく一般的なことのように思いますが、日常に支障を来し、治療が必要となる場合には、月経困難症という名前がつく症状でもあります。月経困難症はその原因によって大きく二種類に分けることができます。一つは機能性月経困難症、もう一つは器質性月経困難症

機能性月経困難症は原因となる身体的な原因がないのに生理がやけに重いというのが主な症状。対して器質性月経困難症は、原因となる疾患があって、生理が重い症状ということになります。

特に身体的な理由がないのに生理が重い。つまり機能性月経困難症の主な原因としては、子宮を収縮させる作用を持つプロスタグランジンの分泌量が多く子宮の収縮が強くなるせいだと言われます。プロスタグランジンは腹部(子宮)の痛みの他、悪心や頭痛なども引き起こすので、月経困難症では全身が辛いと感じることもあります

その他、子宮が未発達であるとか、冷えやストレスのせいで血流が滞り、痛みになっている場合などもあります。機能性月経困難症は10代後半∼20代という比較的若い世代で起こることが多く、妊娠・出産を機に症状が軽くなるという方もいるようです。

より心配しなくてはならないと感じるのは、病気が原因となって生理痛が重くなっている場合、つまり器質性月経困難症の場合ですよね。器質性月経困難症の特徴としては月経前から月経が終わるまでの比較的に長い期間に渡って鈍痛が続くこと。若い世代よりは30代以降に多いことです

疾患が原因で痛みを引き起こしているのですから、早めに対処することが重要になります。

痛みの感じ方にも個人差がある

月経痛の重さには個人差がありますが、忘れられがちなのが、生理痛の感じ方にも個人差があるということです。仮に生理がまったく同じ痛みを引き起こしているとしても、一方にとっては病院に行くほどの辛さではなく、もう一方にとっては身動きが取れないほどの症状になったりするかもしれません。

どちらか一方が我慢強いとか、意思が強いとかではなく、痛みの感じ方と耐性には個人差があるので、ご自分の感覚で重いと感じるのであれば、医師に相談してみることが重要です

結果的に何か問題があれば対処が必要ですし、目立った理由がない、つまり機能性月経困難症なのであれば、日ごろの生活で疲れやストレスを溜めないように気を付けたり、栄養バランスに気を付けたりすることで緩和するかもしれません。

また、機能性月経困難症の場合でも、対処法としてピル(経口避妊薬)、プロスタグランジンの合成を阻害するお薬、漢方薬を利用するという手もありますから、やはり我慢はせず、毎月の月経が辛ければお近くの病院に足を運んで相談してみると良いでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です