子宮内膜症だと妊娠しにくいですか?

Pocket

子宮内膜症は不妊の原因になり得る病気です。

子宮内膜症を簡単に説明すると、本来発生する必要のない範囲で子宮内膜や子宮内膜のような組織が発生してしまう病気で、骨盤痛(腰痛、下腹部痛)、だんだんと重くなる月経痛、性交痛、排便痛、そして不妊と言ったものが主な症状となります

子宮内膜症によって妊娠しにくくなるということがあるだけで、子宮内膜症であれば必ず不妊という症状があるという訳でもありません。ただし、子宮内膜症を患う方の約半数が不妊を呈するとも、原因不明の不妊症の多くに子宮内膜症が見られるとも言われるため、不妊と関わりが深い症状であることは間違いありません。

具体的に子宮内膜症がどのように不妊の原因となるかと言うと、例えば子宮内膜症によって生じた組織の卵巣や卵管への癒着があると妊娠しにくくなり得ます。また、癒着のような物理的な変形がない場合でも、子宮内膜症によって生じる何らかの化学変化が原因で妊娠を妨げられることもあるようだと見られています

現代では特に若い世代を中心にポピュラーな病気ですが、まだまだ不妊との原因では分からないことも多いです。

予防するというのも難しい病気ですので、生理痛の重さの変化などをよく把握し、異常があるかもしれないと思ったら病院に行くという決断ができると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です