膣トレとはなんですか?方法と効果を教えてください

Pocket

膣トレとは膣圧トレーニングの略語で、骨盤底筋と呼ばれる、子宮や膀胱を下から支えるように備わっている筋肉を鍛えるトレーニングになります。

骨盤底筋は尿道と膣を取り囲むようにぐるりと巡り、さらに肛門を取り囲むように巡っており、足側から見ると8の字状に囲まれているように見えます。この筋肉を鍛えることでいくつかのメリットがあるのでご紹介します。

セックスの充実に

骨盤底筋を鍛えるメリットは非常に多いのですが、特に妊活中に実感できるメリットとしては、「セックスが気持ちよくなる」というものではないでしょうか。

骨盤底筋を鍛えることで膣の締め付ける力が強くなります。締め付けをコントロールできるようになるということでもあるでしょう。男性にとって膣の閉まりが良いことで強い刺激が得られて快感に繋がるのは言うまでもありませんが、女性にとってもペニスとの密着率が上がることで得られる快感は大きくなります

不妊の原因の一つに、セックスレスがあります。

男女共に健康で、子どもは欲しいという意思はあるのに、セックスに至らない、セックスを行おうとしてもうまくいかない。どのようにうまくいかないかというのはそれぞれ事情や原因があるものと思いますが、身体の不調や器質的な原因とは関係なくセックスがうまくいかず、妊娠に至らないということがあります。

妊娠することだけを目的とすると、セックスが味気なくなってしまったり、性的な興奮を維持するのが難しく、行為をこなせなかったりということもあるでしょう。

セックス自体が快感であり、その後にある妊娠という結果がなくとも楽しめるようになることで、自然とセックスの回数が増え、妊娠の確率が上がる可能性があります

生殖機能の向上・美容の維持に

骨盤底筋は子宮や膀胱を下から支えてくれる筋肉なので、これが衰えると内臓は重力に従って下に沈みこんでしまいます。骨盤底筋がしっかりとしていなければ、子宮が圧迫され、血流が滞ってしまい、働きが弱くなってしまうことがあります。血流が滞るので、冷えの原因にもなるかもしれません

子宮がうまく働けない状態だと、生理時の滞りが大きくなってしまったり、ホルモンバランスが乱れてしまったりということも考えられます。骨盤底筋は臓器をダイレクトに支えるだけでなく、それぞれの働きをサポートする大事な筋肉なのです。

骨盤底筋のトレーニングにより、重い生理痛が改善されるという可能性もありますし、ホルモンバランスの変調が少ないことで月経不順の改善や、精神的な安定にも繋がるかもしれません。また、骨盤底筋が衰えると、ときには子宮脱という状況に見舞われることもあると言います。子宮が下がり、膣から出てきてしまう状況です。

当然、子宮が圧迫されていたり、正常な位置に置かれていなかったりすれば巡り巡って妊娠の妨げになることも考えられますので、子宮が心地よく働けるようにするためにも、下からしっかりと支えてくれる骨盤底筋のトレーニングは習慣にすることをおすすめします

さらに、骨盤底筋は骨盤の底で内臓を支えてくれる重要な筋肉のため、姿勢の維持にも一役買うことでしょう。臓器の位置が正常に戻り、下腹部のぽっこり感や腸の働きも改善されるかもしれません。

内面の健康だけでなく、外見にまで影響を与える骨盤底筋であり、衰えやすい筋肉ですから、直接妊活に役に立つかどうかはひとまず置いておいても、鍛えておいて損はない部分だと思います。

産後の尿漏れや二人目妊活の助けに

産後、骨盤底筋が弱り、尿漏れを起こしやすくなるというのはよく聞くところです。

女性は尿道が短く、男性に比べればただでさえ尿漏れのリスクは大きいのですが、骨盤庭訓は出産により傷つき衰えることが多いので、締め付ける力が弱くなり、尿漏れの頻度が多くなってしまうことがあります

また、産後しばらくすれば二人目を検討するご夫婦もいらっしゃるでしょう。そのときに、骨盤底筋が弱っていれば膣の締め付けが物足りなく感じてしまうこともあるかもしれません。産後の妊活を充実させるためにも、意識的に骨盤底筋のトレーニングをしておけば、多くのメリットを実感できるのではないでしょうか。

膣トレ・骨盤底筋トレーニングの方法

膣トレ、もしくは骨盤底筋トレーニングはそれほど難しくありませんので、日常的に行い、習慣にできると良いでしょう。

どのようなトレーニングなのかというと、やることは肛門、もしくは膣をギューっと絞り上げるようにゆっくり力をいれ、数秒間の維持(はじめは短く、慣れてくれば十数秒にチャレンジ)と、脱力を繰り返す、というものになります

力を入れやすい姿勢を作り、試してみましょう。

そう言われてもよくわからない…という方は、感覚を掴むためにトイレに行ったときに途中でおしっこを止めてみてください。そのときに使う筋肉が、鍛えたい筋肉です。途中でおしっこを止めることは繰り返すと身体に悪いので感覚を掴む程度に試してもらって、感覚が分かったらその動作を日常に取り入れてみましょう。

座ってる状態、立っている状態、横になっている状態といつでも思いついたときに行えますので、気付いたときに繰り返す癖をつけると効果的に骨盤底筋を鍛えることができます

より膣を意識するのであれば、例えば実際に膣に清潔な指を入れ、締め上げるイメージを掴んでみても良いでしょう。また、膣トレ用のグッズも販売されていますから、道具の使用に抵抗がない方には専門の器具を使用することも大変おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です