自分の性器のにおいが気になって性行為に至りません…何か方法はありますか?

Pocket

実際ににおいがある場合と、においがある気がするという場合があります。

前者の場合、膣内の環境が乱れている可能性がありますし、後者の場合、精神的な問題ですので、安心できる方法が必要となります。しかし、自分ではなかなかこの区別をつけることは難しいですよね。

実際ににおいがあるのであれば、実際ににおいがあるのだし、実際ににおいはなくてもにおいがある気がする人にとっても、やはりにおいがあるのです。

パートナーに確かめてもらえば良いと言っても口で言うほど簡単ではありません。第一、性器のにおいが気になって性行為に至らないというのに、確かめてもらえるのであれば苦労はありません。正直に言ってくれればありがたいですが、何も言わないまま、なぜか性交の機会だけが少なくなっている

単純にタイミングが合わないとか、疲れているとか、もしくはまったく別の理由でセックスに対するやる気が出せないのかもしれませんが、性器のにおいが気になる人にとっては、どれも「やっぱり私のアソコが臭うからだ」という結論に行きかねません。

洗いすぎがにおいの原因に?

においが気になるときにやってしまいがちなのが、いつも念入りに性器を洗ってしまうということです。

女性の膣には自浄作用が備わっており、極端なことを言えば洗わなくてもいつもキレイな状態が保たれています。もちろん正常な状態であれば不快なにおいもしません。膣の外側、外陰部などの汚れを取り除いておけば、女性器は常に清潔な状態に保たれているのです

膣内の環境を保持しているのは、デーテルライン杆菌という善玉の菌群です。これらが膣内を弱酸性に保ち、余計な細菌の増殖を防ぎます。そして膣の蠕動運動によって、膣内にある不要なゴミや菌類はおりものとして外に出されます。ところが…

この自浄作用は乱れることもあります。その原因の一つとなるのが、洗い過ぎです

においが気になってしまうと、つい性器の外側だけでなく、内側にまでお湯を入れてしっかり洗ってしまうという方もいるでしょう。しかし、膣内には膣内の環境を守る常在菌であるデーテルライン桿菌がいます。洗いすぎてしまうとこの体に有益な菌まで流してしまい、自浄作用を損ねてしまう可能性があります。

自浄作用が損なわれてしまうと、当然ですが膣内の環境が乱れ、不要な細菌が増えやすくなってしまったりします。これが悪臭の原因となることもあるので、性器のにおいが気になるからと言って洗いすぎるのは良いことではありません

抗生物質がデーテルライン桿菌の減少に

常在菌が失われてしまう原因には、抗生物質の服用も挙げられます。例えば少々重い感染症にかかってしまったというとき、病院で抗生物質をもらうこともあるでしょう。抗生物質は細菌を一掃してしまう可能性があるので、膣内で暮らす善玉菌が著しく減少してしまうことがあります

これにより自浄作用が損なわれ悪臭を放つようになることもあるのです。

ただし、抗生物質を使用してはいけないということではありません。病院にかかった症状によっては抗生物質が必要なケースもあるでしょうから、もらったものはきちんと服用する必要があります。

お伝えしたいのは、抗生物質の服用が長引いたりすれば膣内環境が乱れることもあります、ということなのです。それでなくとも、風邪やストレスなど、自分では大したことないと感じられるようなことでも、デリケートな膣内は乱れる可能性が十分にあります。

膣内環境を正常にするには、乳酸菌サプリがおすすめ

膣内の環境を整えるには、自浄作用を取り戻す工夫が必要です。具体的には、洗いすぎる癖があるのなら控えること。乳酸菌のサプリメントを取ることの2つが効果的でしょう。体調不良があるのであれば、まず体調を立て直すことも重要です

膣内環境を整えることは腸内環境を整えることと似ています。腸内環境が良くない状態とは、腸内に悪玉菌が増え、腸の働きが弱くなっている状態といえますよね。腹痛や便秘、伴って強いにおいの原因ともなります。

このようなときに乳酸菌を取ったりすることがあると思いますが、腸内と同じように細菌によるフローラを構成している膣内でも、乳酸菌を摂取することで環境を整えるという方法は有効です

女性のデリケートゾーンに関する悩みを解消する製品はたくさんありますから、気に病んでいるのであれば一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です