睡眠時間と不妊の関係について教えてください

Pocket

睡眠が上手に取れない、必要な量の睡眠時間が取れないという場合の、妊活への影響にはどのようなものがあるでしょうか。

睡眠は言うまでもなく私たちの身体を健康に保つために必要なことです。

睡眠は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を90分間隔で繰り返すのが基本のリズムとなっていますが、特に入眠直後の深い眠りのとき、私たちの身体の中では、身体を修復したり、整えたりするためのホルモンが多く分泌されます

入眠後に多く分泌されるもので代表的なものには成長ホルモンがあります。脳下垂体というところから分泌されるホルモンで、入眠直後の深い睡眠時に分泌が高まり、代謝や身体の修復といった役割を持っています。

成長ホルモンと同じように脳下垂体から分泌されるホルモンの中には、女性の身体のリズム形成に大きく関わる、黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンという、いわゆる性腺刺激ホルモンもあります。これらのホルモンは卵巣へ指令を与え、黄体ホルモン(プロゲステロン)や卵胞ホルモン(エストロゲン)と言った女性ホルモンの分泌のスイッチとなります。

女性ホルモンは女性の身体を女性らしく保つために働くだけでなく、排卵や月経と言った生殖機能のリズムを作るものでもあります。

このように、分泌されるホルモン同士がうまく連携することで女性の身体のリズムは出来上がっていますから、質の良い睡眠を取り、ホルモンの分泌を正常に保つことは、妊活期間においては特に、重要なことです

睡眠不足だと妊娠できない?

妊活に関していえば、睡眠はできるだけ規則正しく、必要量が取れることが望ましいですが、では睡眠不足を解消すれば妊娠するのか、夜勤シフトのある仕事を退職すれば妊娠できるのかと言えばまた別の話でしょう

不規則な睡眠や睡眠不足は疲労が取れないだけでなく、ホルモンバランスを乱す可能性がありますが、それが直接的な妊活を妨げる要因だとするのは少々短絡的なような気がしますよね。

ホルモンバランスが崩れる原因は他にもあるはずですし、うまく眠れていたとしても必ず安定するというものでもありません。また、もちろん上手に眠れるに越したことはないけれど、この時代、若い世代で十分な睡眠時間が取れないというのはある程度仕方のないことではないでしょうか。

忙しかったり、ストレスが多かったり、反対に楽しいことがあったりで、睡眠時間は簡単に削られてしまいがちです。

心身共に健康的な生活をしようと心がける

妊活において重要なのは、そういう一つひとつの要因を過剰に問題視することなく、今できる限り心身共に健康的な生活をしようと心がけることではないでしょうか。

そういう心掛けの一つとして、質の良い睡眠を取るということは基本的で、とても重要なことの一つと言えます。

どうしても睡眠時間が取れないというのならば短時間でも深く眠れるよう睡眠環境を整える工夫をするとか、仮眠を上手に取るという方法を試してみてはいかがでしょうか。

時間は取れるはずだけど寝付けないというときも同じです。

例えば寝るまえにスマートフォンやPCを見る習慣を止めるとか、寝る数時間前にお風呂に入り、リラックスしながら身体を温めることも有効だと言います。運動する習慣をつけても良いかもしれません。眠る前に不安を感じる方は、頭の中にあるモヤモヤを書きだしてみるという方法もおすすめです

睡眠は過剰に問題視することもなく、また甘くみることもなく、上手に行えるように心がけることで、身体と心に過度のプレッシャーをかけることなく過ごせるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です