スマホやPCは妊活中の身体に悪影響を及ぼしますか?

Pocket

スマートフォンやPCが発する明るい光は刺激が強いため、寝る前に目にすると覚醒状態となり、深い眠りに入るのを妨げる原因になると言います。

深く質の良い睡眠が取れない状態が続くと身体によくありませんから、特に妊活を意識しているのであれば、できるだけ対策を取った方が良さそうですよね。では具体的にどのような悪影響があるのか、また、どのような対策が取れるのかを考えていきましょう。

スマホ画面のブルーライトとメラトニン

スマートフォンやPCの明かりが眠りのタイミングを乱すということについて深く関わるホルモンに、メラトニンという物質があります。

メラトニンは脳の松果体というところから分泌されるホルモンで、目の網膜から受け取った光をもとに分泌量や分泌されるタイミングが決められます。

これは私たちの体内時計を調整するホルモンのひとつということもあり、たとえば私たちが朝、自然に覚醒したり、夜自然に眠くなったりするのは、このメラトニンの働きによるところが大きいのです

もう少し具体的にその働きについて説明させてもらえれば、メラトニンは辺りが暗くなったことを察知すると分泌量が増え始めます。

夜になったと感じた身体の体温や脈拍は下がり、私たちは徐々に深い睡眠へと誘導されていきます。面白いことに、メラトニンは朝に強い光を浴びてから十数時間立たなければ分泌のスイッチが入らず、日中は分泌が抑えられる仕組みになっているのです。

このように、私たちの体内時計は日の光に基づきメラトニンのようなホルモンによって調節されるのですが、PCやスマートフォンの光による刺激はこのリズムを乱してしまう可能性があるのです。

スマートフォンの光の刺激は本当に有害なのか?

本当にスマートフォンやPCから目に入る光が体内時計に影響するほど強いものなのでしょうか。

PCやスマートフォンの明るい液晶画面ではLEDライトが使用されています。EDライトは太陽光や従来の蛍光灯などと比べて、私たちが青色を知覚する短い波長の光線を多く使用しています。この刺激が強いせいで目に負担をかけるとか、覚醒へと導き体内時計が乱れると言った懸念がされているのです。

強い光を人工的に、それも直接目に浴びさせているわけですから、本来就寝時間に多く分泌されるメラトニンの量を抑えてしまい、深い眠りに付く上で障害となると言われます

確かにスマートフォンやPCの画面が私たちに与える影響は大きそうですが、一方で、少々大げさだと感じる方もいるのではないでしょうか。

現代では、デバイスから受け取る光の害の可能性はよく知られていますから、ブルーライト軽減メガネや、中には夜間モードのような状態になって、ブルーライトを軽減してくれる機能がついたスマートフォンもあります。

明るさは自分で設定できるようになっていますし、実際、ブルーライト軽減メガネを使うと目の疲れが軽減するような気がします。お布団の中で見るスマートフォンの明かりも、少しトーンが黄色っぽくなるだけで随分刺激が軽くなるような気はしますよね。

スマートフォンなどの明かりは確かに害になるという側面はあるかもしれませんが、だからといって妊活には大敵となるので寝る2時間前にはスマートフォンを見ないようにしましょうという解決法は現実的ではないと思います

既に私たちの生活にはなくてはならないものですし、妊活中という特別な期間だからと言ってそこまでストイックに自制するようなことでしょうか。

ここは意見が分かれるところでしょうが、スマートフォンなどの光が妊活に悪影響と断定するのは少々大げさな気もしますし、科学的に結論が出ている問題でもありません。

情報による興奮が寝つきを悪くする?

スマートフォンなどの光を寝る前に見るのはあまりよくなさそうだとは思っても、ついつい夜寝る前にSNSを確認してしまったり、眠くなるまでPC作業を進めてしまったりしますよね。

妊活中であるなら、夜不意に不安に襲われて、妊活の方法について、不妊について、同じような状況の人はいないかどうかなど、調べたりしてしまうかもしれません。

明かりの刺激だけではなく作業による興奮や、受け取る情報による興奮も手伝って、夜なかなか寝付けなくなるというケースも多いようです。就寝前の明かりにも気を付ける必要はありますが、それよりも大事なのは、寝る前に余計なことを考えず、休息に集中することだと思います。

私たちの身体と心は毎日眠りによりリセットできるようになっており、良く眠ることが翌日の活力となります。

その眠りを妨げる可能性のあるPCやスマートフォンは、遠ざけておくことができるならそれも良いと思いますが、明かりがどうというよりは、受け取る情報からの刺激に気をつける方が重要だと思います。

言って解決するようなことではないと思いますが、夜はあまり考え込まずに済むよう、ゆったりと頭と身体を休ませてあげることを意識してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です