男性に不妊の可能性があることをどう伝えれば良いでしょうか?

Pocket

自分には目立った問題がないのにも関わらず子どもができないという場合、男性側の不妊を疑いたくなります。

たしかに、自分には目立った問題がないと分ければ、男性側の不妊を疑いたくなるものです。そうでなくても、妊活を始めるのであれば男性不妊の可能性は旦那さんに知っておいてほしいものだと思いますし、いざとなったらすぐに精液検査を受けるという協力が必要だとお考えだと思います

最近では、男性が不妊因子を持っているケースも約半数程度あるという知識は一般的に知られてきたことなのではないでしょうか。妊活をしているご夫婦であれば、このことは知っている確率が高いと思います。

かつては赤ちゃんが思うようにできなければ女性の身体の問題が疑われ、不妊検査と言えば女性が行うというイメージでしたが、高齢出産のケースが増えつつある昨今では、妊活期間の短縮のため、男性も一緒に検査を行うよう勧めるクリニックやサイトが多いと感じます

お互いの身体の状態を知ることが大切

女性に目立った原因がないということが分かってから男性の不妊因子を疑い、それに対処するとなればそれだけ時間がかかってしまいます。

男性がもし大きな不妊の原因を持っているのであれば、治療よりも体外受精などの選択をするための、決断や段取りの時間も必要になるでしょう。ただ、男性側に原因があろうが、やはり子どもを作る上で重要なのは女性の身体です。

なぜなら、受精卵は女性の身体の中で着床し、出産まで胎内で育てることになるのですから、女性の身体が果たす役割の方が圧倒的に多いからです。しかし残念ながら、誰しも老化から逃れることはできません。

男性が検査を渋っていたり、不妊因子に無頓着でいる間にも、女性の妊孕力は低下し、時間が経てば経つほど妊活は困難になります

このロスを最小限にするためにも、そもそも妊活に励むのであれば、当然男性が原因のこともあるという前提の上で、一緒に診察を受けるということが必要になります。

男性不妊の検査の負担は軽い

男性の場合、不妊の検査と言えど精液検査が唯一と言って良いものですから、負担はごく軽いものです。もちろん、一度の検査ですべて分かるというわけではありませんから数回に渡って精液検査を行うことになると思いますが、精液検査で痛みが伴うことはありません。

病院へ足を運ぶことが億劫に感じるのなら、自宅で行える精液検査キットを利用するなどして、とにかく早く男性の生殖能力に問題がないことを確認するべきだと思います。

男性に不妊の可能性があるということを伝えるとき、重要なのは「あなたに不妊の原因がある」という言い方ではなく、あくまで「男性も不妊因子を持っている可能性がある」ということを伝えることです

口で言うよりも、例えばこのようなネット上の情報を直接見せたり、医師に言われたという風に伝えるのがベストでしょう。

おそらく、男性にも積極的に、自発的に検査に臨んでほしいという気持ちもあると思いますが、どうしても「妊娠」が自分事になりにくい男性には大きな期待をせず、冷静に情報を伝えることが重要なのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です