35歳からの妊活はどのくらい希望が持てますか?

Pocket

35歳という年齢は、確かに女性にとって一つの節目かもしれません。

医学的にも35歳以降で初産の場合であれば高齢出産と呼びますし、当然個人差はあるでしょうが、生殖能力的にも35歳以降からは低下の傾向にあることが知られています

具体的な話をすると、卵子の老化や産道の柔軟性が乏しくなるなどの変化が見られ、妊娠しにくいだけでなく、出産に伴う危険性が高まる年齢でもあります。不妊治療による妊娠率も下がり、流産の確率が上がる傾向にあることも、残念ながら事実のようです。

では、35歳からの妊活にどれくらい希望が持てるかというと、状況がそれぞれ異なるのではっきりと申し上げることはできませんが、努力と運次第でまだまだ可能性はある歳であることは間違いない、と言えます。

子どもを授かるのはいつでも努力と運次第

もっとも、子どもを授かるのはいつでも努力と運次第というところに変わりないようにも思いますが、若い時期には比較的努力が不要な場合が多いという点で子どもを授かりやすいのではないでしょうか。

努力が不要というのは、もちろん出産適齢期であることに加えということですが、例えば少々食生活が乱れていても健康を損ねることが少なかったり、少々睡眠不足でも体力が維持できたりという部分です。

つまり、若い世代は比較的体調の管理に神経を使わなくても済む分だけ、健康であるということが重要な妊活上のメリットとなります。

よって、例え年齢を重ねたとしても、健康上の心配はないとか、体力には自信があるという方であれば、加齢によるハンデは少なく、妊活が功を奏す確率も高いのではないでしょうか。

そしてこれは裏を返せば、健康に気を使うこと、老化に負けない身体作りをするという努力をすることで、加齢が大きな問題にならないようにすることができると言えるのです

健康を保つ努力は基本的な生活から

具体的に、年齢を重ねてからの妊娠の確率を上げるため、どのような健康上の努力ができるでしょうか。

例えば、加齢の伴って避けられない卵子の老化などに対応するために、サプリメントでこの栄養を摂りましょうというような情報もあると思います。もちろん、そういった製品を使うというのも、すぐにできる努力の一つかもしれません。ところが、やはり基本は日々の生活にあると思います。

栄養バランスの良い食事を心掛け、睡眠を規則正しく取る。そして適度な運動をする。

口で言うのは簡単ですが、実行するのは大変難しいことです。栄養の知識を身に付け、時間の使い方の改善をするのはとても大変でしょう。しかしこれができれば健康的な身体に近づくだろうことは、おそらく多くの人が知っているのではないでしょうか。

当たり前に良いと思える健康的な生活がなかなかできないからこそ、私たちはサプリメントなど手軽なものに頼りたくなるのだと思いますし、高品質でお手頃なサプリメントも多い印象ですが、やはり土台は当たり前に健康的な生活ができているかどうかです。

食事は偏っていないか、睡眠時間は足りているか、極度の運動不足ではないか。

面白くないアドバイスかもしれませんが、その点に注意を払うことで、例えばサプリメントを使うにしても、身体に与えられる影響が大きくなるのではないでしょうか。

良い習慣をつけるより、悪い習慣を改善しましょう

身体はもちろんですが、心も健康であることが望ましいです。バランスの取れた食事は健康な体を作るだけでなく、健康な心も作ります

妊活に良い食事とか、悪い食事ということをあまり気にすることなく、美味しいものを美味しく食べるようにすると良いでしょう。ただし、食事とは少し異なりますが、過度の飲酒や喫煙は妊娠しようとする女性にとってはっきりマイナスだということが知られています。

睡眠も同様、寝不足があるとホルモンバランスが乱れたり、自律神経が乱れたり、それでなくても眠いだけでイライラするものですよね。

しかし、あれもこれも完璧にとなるとそれはそれでまたストレスですから、良い習慣を身に付けようと考えるよりも、悪い習慣を減らしていこうと考える方が良いかもしれません。そして当然、その健康に気を使った生活の延長線上に、セックスがあります

もしかしたら、自分たちの身体が健康状態にあってはじめて、私たちには新たな生を産みだす余裕が生まれるのかもしれません。ここで言う、妊活をする上での努力というのは、健康的な生活を送る努力のことです。

難しいことではありませんが、これまでの生活習慣と照らし合わせてみれば、努力と言って良いほど難しく感じる方もいるはず。しかし、35歳を過ぎてからの妊活は、確かに努力が必要であることは間違いないと思います。年齢だけの話で言えば、35歳というのは決して楽観できる歳ではありませんが、諦めるような歳でもありません

ぜひ、今からできることを少しずつ取り入れて、ご自分で希望を高めていってはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です